職人が愛を込めて一つ一つ丁寧に創っているからか、それぞれのドラムに個性があります。

素材はステンレスですが、仕上げに焼き加工を行っているため、ブロンズ色に。

この焼き加工時の条件によって仕上がりの色合いが異なるので、仕上がりの色はお楽しみに♬

一番の特徴としては、倍音の響きですね。音が一つではなく、複数響き合ってます😊

グーダドラムの中でも一番人気のモデルで、その中でも「アーケイン」という音階が人気

なのは、ダニーロ強の名曲「蒼〜aoi〜」の影響だったりして?!

【 対応音階 】アーケイン、イークィノックス、エニグマ

【 対応彫刻 】フローズンフラワー、フラワーオブライフ、ドリームキャッチャー、ドニプロ

​ 

 ※写真の彫刻は「フローズンフラワー」です。

〜美しき倍音の響く個性派グーダドラム〜

​ミニオーバートーン

ミニオーバートーンの進化版。やはり職人の気合が入ってます。

グーダドラムは基本的に8つの音で構成されていますが、コチラのミニオーバートーン は

なんと!真ん中にも打面が一つ足されているので、9つの音で構成されています。

通常のミニオーバートーン よりも低い音の打面が追加されているため、

さらに倍音に深みがあり、楽しみ方も倍増✌️

真ん中の打面は周りの全ての打面と相性が良いので、色んな遊び方ができます。

夢中になり過ぎて、時間が経ってることも忘れちゃったりします(・・;)

【 対応音階 】アーケイン、イークィノックス、エニグマ

【 対応彫刻 】フローズンフラワー、フラワーオブライフ、ドリームキャッチャー、ドニプロ

​ 

 ※写真は無地のものです。

〜美しき倍音の深みに漂おうよ〜

​ミニオーバートーン プラス

ミニオーバートーン とフリーズビーの大きな違いは、倍音が鳴るか否か。

フリーズビーは倍音が鳴らない代わりに、音の粒がしっかりとしていて、力強い印象です。

ミニオーバートーン よりも全体的に打面が小さいので、指で弾くときのコツが必要ですが

マレット(専用のバチ)を用いると、とってもよく響きます。

また、表面に樹脂のよう黒いマット加工が施されているため、音に丸みがあって優しいのだ。

表面が黒いことで、どのグーダドラムよりも彫刻が際立ちますよ😆

【 対応音階 】アーケイン、イークィノックス、アフリカン、バタフライ

【 対応彫刻 】月と蓮、フローズンフラワー、フラワーオブライフ、ドリームキャッチャー

 

​ ※写真の彫刻は「月と蓮」です。

〜まっすぐに響く、力強い音色〜

フリーズビー(ブラック)

同じフリーズビーでも、ブラックとゴールデンブロンズとでは、音の響き方が異なります。

ブラックは表面に樹脂のような黒いマット加工が施されているのに対して、

ゴールデンブロンズは​金属自体を加工しております。

ブラックのように、表面に樹脂の層がないので響きに金属感があります。なんというか、

ブラックが丸みのある音であるのに対して黄金ブロンズは〝金属特有の響き〟を持っています。

しかしまぁ、一番の特徴はこの輝きよ✨使った後は指紋が残るくらいピカピカなので、

​使い終えたら拭き拭きして綺麗にする時間も何気に倖せなのだ♬

【 対応音階 】アーケイン、イークィノックス、アフリカン、バタフライ

【 対応彫刻 】月と蓮、フローズンフラワー、フラワーオブライフ、ドリームキャッチャー

 

​ ※写真の彫刻は「月と蓮」です。

〜こんなに高尚な輝きを放つグーダドラムを見たことない〜

フリーズビー(ゴールデンブロンズ)

グーダドラムコインは表と裏に、それぞれ異なった音階で構成されているので、一つの

グーダドラムで二つの音階が楽しめます。しかも!表の音階と裏の音階が共鳴するように

創られているのでとってもサスティーン(残響)が長い倍音が楽しめます。

一つの音にスリットが二つ入っている面がステンレス製で、従来の音階…エニグマとアフリカン

があり、反対の面はアルミニウム製で一つの音にスリットが一つ入っていて、従来の音階より

高い音域の音階、アフリカン+とトーナス+ の二種類があります。専用のマレット(バチ)

を使うととっても綺麗な倍音が楽しめます🎶

【 対応音階 】エニグマ&アフリカン+ 、アフリカン&トーナス+

【 対応彫刻 】月と蓮、フローズンフラワー、フラワーオブライフ、ドリームキャッチャー

 

​ ※写真の彫刻は「月と蓮」(上)と「フローズンフラワー」(下)です。

〜こんな発想はなかった!一つのグーダドラムで2度美味しい〜

コイン

© 2019 by Office Starseeds

「GUDAdrum」はOffice Starseedsの登録商標です(登録第6018643号)